再入院26日目
朝の処置が10時過ぎ。馬場先生は昨夜12時過ぎまで手術だったそうな。
薫は「先生、毎晩来てよ」と言っていたが、先生は忙しいというのがわかって納得した様子。でも、やっぱり毎晩会いたいようだ。

はーちゃんが外来受診日で上がって来てくれる。
今日もおいしい金柑をいただいた。
はーちゃんも薫もとてもうれしそうで、プレイルームで遊んでいた。

今日は朝から気分が悪い。食欲もなくて困ったなぁと思っていたが、はーちゃんとおかあさんの顔を見ることができて、元気が出て来た。

それにしても、さりちゃんと薫は姉弟のように仲がいい。1日中一緒にいる。
さりちゃんも一人っ子で面倒見がとてもいい子なんだと、知り合いだという看護助手の大石さんが言っていた。
でも、明日退院が決まった。薫はまた泣きそうだ。

夕方の散歩に出かけて、会計の前ではーちゃんを発見。
スキップして近寄る薫。はーちゃんもうれしそう。
ちょうどはーちゃんが「どうぶつの森」を持っていて、いろいろ話を聞きながら少し触らせてもらう。もう欲しくてたまらないといった薫。お年玉で買うんだとか言っていたが、さてさて、おとーさんにちゃんと頼めるだろうか?

散歩の帰り、塩川先生を見つけて声をかける薫。次に金場先生に会い、放射線科の先生にも会い、最後は青井先生。「ほんとうにいろんな先生に会うねぇ」と言っていた。

夜、馬場先生が来てくださる。ただ、薫の顔を見に来てくださったようだ。
渡しそびれていた写真を渡す。
薫はちょうど日記を書いていて、その中に今日初めて食べた金柑の話があったのを読んで、馬場先生が「金柑って食べたことがない」と言うので、金柑を渡すと「どうやって食べるんですか」と。「そのまま食べるんです」「このままですか?」
薫も馬場先生も同じだなぁと笑ってしまった。

今日は早い時間にばおちゃんが来る。
薫は一生懸命に「どうぶつの森」を買って来てくださいと頼んでいた。

明日はさりちゃんが退院するので、特別に、点滴が終わるまで夜更かしOKにする。
薫は、さりちゃんのベッドに行って漫画を読んでいる。なんだかとてもうれしそうだ。
[PR]
by kazekaoru_y | 2006-02-08 23:51
<< 再入院27日目 再入院25日目 >>