ひと安心
午後から病院に行く。
検査の結果は陰性。
「菌は一匹も生えてませんでした。これで、感染ということはないでしょう」と言われてほっとした。一応、明日まで培養を続けるとのこと。
多分脂肪ではないかと言われる。
これからしばらく経過観察して、しぼんでくればよし、膨らんで張ってくるようなら、状況次第では切開して異物がないかを確認するとのこと。
菌ではなくて単純に異物反応を起こしているかもしれないということらしい。
なぜ脂肪が溜るかについては、肉がほとんどないので行き場がなくて集まってくるのだろうと言われる。

それから、診察室に入ると「2時半頃電話したんですよ。少しでも早く検査の結果を知らせて安心させてあげたくて」と言われる。なんだかうれしかったなぁ。

よかったぁ。

後藤先生の顔も見ることができてこれまたほっとした。

レントゲンのことについても聞いてみた。
被爆量が気になると言うと、「単純撮影の分はほとんど気にしなくていいと思いますが、CTをした分は被爆量が多めなので、なんにもしない子に比べれば気になると言えば気になりますが、大丈夫だと思います」と言われる。
カテーテル検査の被爆量からみれば少ない量だということ。
治るために必要だったことなんだと考えれば・・・ね、と言われる。
確かにそうだなぁ。

家に帰ると、せい子先生から留守電が入っていた。
心配してくださっているようだ。
折り返し電話をして結果を知らせると、とても喜んで「涙が出てきました」と言ってくださった。
ありがたい。

薫も安心したようだ。
これで、楽しい冬休みを迎えられるぞ。
[PR]
by kazekaoru_y | 2006-12-22 17:05
<< クリスマスイヴ ビックとバーンはげい人だ >>