<   2006年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧
山鹿に出かける
今日もいい天気。
午後から、山鹿の「サイクリングターミナル」に出かける。
行ったときは誰もいなくて、やっているのかなぁと思ったが、薫は自転車を借りて、コースを思いっきり走った。
一般道ではないので、止まる必要もなく、何周でも好きなだけ走れる。
自分の自転車より、大きめの自転車だったが上手に乗ることができていた。
今度身体に合った、自転車を探しに行こうと話した。

コースの隣に、ラジコンカー用のコースがあり、おじさまたちが何台も車を走らせていた。薫は興味津々。「僕もやりたい」と言い出した。
本物のラジコンカーは難しいぞ。
まずはおもちゃのラジコンカーで練習するらしい。

次に、三加和町に案山子を見に行く。
川沿いに100本の案山子が見事に並んでいた。彼岸花はもう終わりかけだったが、のどかな景色を見ることができた。

最後は温泉。
初めて、家族湯というのに入る。
小さいけど3人で入るには十分な広さで、お湯もかけ流しで気持ちよかった。
窓が開けてあり、外からの涼しい風も気持ちよかった。

帰りは夕方で、通勤割引がきくので一気に高速で帰ってきた。
クレヨンしんちゃんスペシャルに間に合って、薫も満足。

明日は地区運動会。
晴れるといいな。
[PR]
by kazekaoru_y | 2006-09-30 23:28
母、病院に行く
ばおちゃんと朝一番で市民病院に行く。
いろいろ先生と話して、新しい薬を使うことにした。
これで、日中元気が出るといいんだけどな。

ばおちゃんが一日休みをとったため、薫をスイミングに連れて行ってもらった。
今日もテストで、結局今回は、昇級することができなかった。
かなり悔しそうな薫である。
次回は余裕で合格できるようにがんばろう・・・と思っているらしい。

ここのところ、毎日人生ゲームにはまっている薫である。
ばおちゃんの帰りが早いので一緒に夕食を食べて、お風呂のあとに始める。
薫はとてもうれしそうだ。
今日は、一番負けて悔しがっていた。
昨日は、お隣で大勝利をしてきたらしい。
さあ、明日はどうなることやら。
[PR]
by kazekaoru_y | 2006-09-28 21:29
つらいなぁ
せっかくの日曜日、きつくておきられなかった。
みんなに悪い悪いと思いながらも、身体も心も動かない。

ここのところ、調子のいい時間が増えたように思っていた。だからと言ってできることが増えたわけじゃないけど。生きてるなぁってしみじみできることが多くなった。
朝も薫を学校にやって、ベッドに入ってしまうことが多かったが、最近は起きて洗濯したり、しばらくテレビを見たりもできるようになった。

一方で、何もできない時間をはっきりと認識できるようになってきた。もうこんなときは何と言われようと、何もしないことにしようと思う。

でも、全体的ではどうなのだろう。
掃除もまともにできないし、ご飯の支度だってうまくできない。それでも少しずつがんばっている自分がいると感じてきた。ほんの少しだけれど、自分にはとても大きなことだと感じられた。

自分なりに、症状が少しずつ変化をし始めているような気がしている。


でも、今日、ばおちゃんから叱られてしまった。
もう何年もこんなことやってるのか?
薫にはちゃんと食べさせてやってるのか?
こんなに時間がかかるのならヤブ医者じゃないのか。
俺が直接行ってそう言ってやる。


辛いときにそんなことを言われてもどうしようもなくなる。
とにかくひげの先生に手紙を書いてもらって、二人で市民病院へ行こうと言うことになった。
今までは何度言っても一緒に行ってくれなかったのにな。

どうなるんだろ。なんだか不安になってきて眠れない。
[PR]
by kazekaoru_y | 2006-09-24 23:48
我が家でおいしいコーヒー
久しぶりにおいしいコーヒーを仕入れてきた。
なおと家では毎日のように飲んでいるのだが、我が家では暑かったので飲む機会がなかった、というかお手軽アイスコーヒーばっかりだった。

そろそろ涼しくなってきて、ばおちゃんが温かいコーヒーが飲みたいと言い出したので、久しぶりに3人でおひさまの珈琲に出かけた。
今日は土曜日でお休みなんだけど、特別に開けてもらった。友だちってありがたい。
とってもおいしいカプチーノもごちそうになった。

薫は、よーたくんと久しぶりに遊べて楽しそうだった。
自然がいっぱいのところに行くと、生き生きしてくる。
風邪の方は小康状態で、熱もなく本人は元気。
天気もいいことだし、外に連れ出してよかったかな。

今夜はずいぶんと涼しいような気がする。
薫は珍しく薄い布団をちゃんときて寝ている。
明日の朝は冷えるかなぁ。
ほんと、もうすっかり秋なんだなぁ。
[PR]
by kazekaoru_y | 2006-09-23 23:14
扁桃炎になりかけらしい
昨日調子が良かったので安心していたら、今日、学校から帰って鼻水がじゅるじゅる。
明日から連休だし、一応病院に連れて行く。
のどを診てもらうと、扁桃腺が少し腫れていて喉も赤くなっているとのこと。
放っておいたら、週末高熱が出たかもしれない。
病院に行ってよかったかな。

でも、本人はいたって元気。
熱も高くないし、このままよくなってくれるといいんだけどな。


私もなんだか調子がいまいち。
夜になって、ご飯を食べ終わる頃からおかしくなり始めて、もうなんにもできないって感じで座っていることしかできなかった。少し胸が苦しい感じ。これが鬱状態って言うんだろうな。
でも、始めたばっかりのミクシィで、懐かしい友だちからメッセージが届いていたりして、それを見ていたらなんだか元気が出てきた。
ちょっとしたことで、気分が変わるんだなぁと改めて感じている。
ここのところ、ちょっと調子が良かったものだから・・・すぐに忘れてしまうんだな。
困ったもんだ。
[PR]
by kazekaoru_y | 2006-09-22 22:23
風邪をひいた
やっぱり風邪みたい。
帰ってからしばらくして声がおかしくなり始め、夜、いつもは熱がない時間に38℃。
一応、総合感冒薬を飲ませる。
眠ってから、汗をかいた。熱は下がっているよう。

でも、元気。
スイミングはさすがに休んだが、福井から送ってきた「鱒寿司」のお裾分けに、みわちゃんのところに行くと、「どうぶつの森」の通信をして遊び、なおとくんの家に行くと、うれしそうになおとくんと遊んでいた。
晩ご飯も、鱒寿司を3つと鶏肉とみそ汁をしっかり食べてくれた。
明日、元気に起きてくれるといいんだけどなぁ。

ばおちゃんが注文していた「ブリタ」の浄水器が届く。
早速開けて、浄水開始。
水道水と比べてみると・・・おいしい熊本の水でも、においと味が全然違った。
アクアベガよりもにおいがしないような気がする。味は好みかな。でも、どっちもおいしい。
明日会社に持っていくそうな。
うれしそうなばおちゃんであった。
[PR]
by kazekaoru_y | 2006-09-20 23:23
ちょっと気になる
たいしたことはないのだけど、なんだかちょっと体調を崩したようだ。
スイミングも行ったのだが、いつものように泳げなかった。
夜になって、少し咳が出始めた。
眠ってからも、時々、こんこんやっている。
大丈夫かなぁ。
なんだか、過敏になってしまっている。
ずっと風邪なんてひかなかったから、かえって心配だ。

ばおちゃんに言ったら、心配し過ぎだと言われそう。
[PR]
by kazekaoru_y | 2006-09-19 23:26
久しぶりの自転車
台風一過の休日。
まぁまぁいい天気。
昼過ぎ、ばおちゃんと野球をしてご機嫌の薫。
やっぱ、野球はお父さんでしょ。

夕方になって、自転車に乗ると言い出したばおちゃん。
いい機会だと思って、薫にも声をかけてみると「僕も乗ってみる」と言ってくれた。
術前から1年以上乗っていない。
夏休みに声をかけたときは、恐いから嫌だと言った。

すっかりホコリまみれの自転車。
まずはきれいに洗って、空気を入れて、いざ出発。
ちょっと心配だったが、身体がちゃんと覚えているようでちゃんと乗ることができた。
しばらく乗っているうちに、へたくそだった発進がとても上手になっていった。

「元気になってよかった」またまたうれしくなった母である。
e0032159_111820.jpg

[PR]
by kazekaoru_y | 2006-09-18 23:52
甘えん坊の薫
相変わらず甘えん坊の薫である。
大丈夫かなぁと思う。

なんだか最近、過敏になっていると言うか、馬場先生が言われた「揺れる感じ」というふうだ。
宿題をしている時、ちょっと雑だったので「きれいに書かないとね」と言うと、ぐすんぐすん泣き出した。「えっ?」って感じだった。

私の状態が一応落ち着いていると言うか、そんなにもはつらくないと表面的には多分見えていると思うのだが、実際は結構きつかったりもする。その辺りを敏感に感じ取っているのかもしれない。
しっかりしないとなと思う。


スイミングをがんばる薫である。
毎日通うというのは、力になるのだなぁと思う。
少しずつではあるが、手回しが上手になってきている。
ただ、思うことは、同年齢の子どもに比べて少し体力がないのではないかということ。
息が続かないというのもある。長い距離を続けて泳ぐのがとても大変そうだというのもある。
手術の影響なのかなぁ?
でも、これから寒くなっていくと思うが、毎日がんばって通って、体力をつけてもらいたいと思う。
[PR]
by kazekaoru_y | 2006-09-15 23:26
1年
心臓の手術をしてからちょうど1年。
早いもんだなぁ。長かったけど。

手術前日から当日、そして薫が目を覚ますまでのことが今でもはっきり思い出される。
前日に先生の話を聞いたときは、つらかったぁ。
生きて帰って来られる確率が100%ではないんだと言われて、ショックだった。
すぐではないが、そんなに長い時間手術を待てないってこともショックだった。

そういえば、術前の診察の時「女の子なら出産はできません」と言われたことがあったな。
それで、薫は大変な病気なんだと実感したような気がする。

今日、薫と術前術後のビデオを見た。
そして、「生きていてくれてありがとう」と言った。
「命を助けてくれた先生たちに感謝しようね。病院に来てくれたかずよ先生やひとみ先生、せいこ先生、校長先生、そしておともだち。うれしかったね。ありがたかったね。でもみんな来てくれたのは、薫が、薫の心がとってもいい子だからだよ。それは自信を持っていいよ。」そう言って抱きしめたら涙が出てきた。
「おかーさん、記念写真撮ろう」と言った。
自分でシャツをめくって、笑った。
「今日は記念日だね、来年からケーキ買ってこようか」なんてばおちゃんと3人で話した。

今日も、浜省の曲が頭の中で流れた。
『今も君がこの世界に生きていることにThank you』


薫の日記から
・・・きょうは、なんの日でしょう。それは、ぼくがはじめてしゅじゅつをした日です。生きているのがうれしいです。しゅじゅつをしてくれた先生たちにかんしゃしています。これからもずっといのちをたいせつにしたいです。
e0032159_2345247.jpg

[PR]
by kazekaoru_y | 2006-09-13 23:45