<   2006年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧
最後の夕日
毎年恒例、熊本港に夕日を見に行く。
最後の最後で雲に入ってしまったが、とってもきれいな夕日だった。

ばおちゃんは自転車で向かう。
途中で追い越して、帰りは車に自転車を積んで帰る。


帰って、年越しそばを食べて、明日の新年会用のおでんとローストポークの仕込み。
今年は薫も手伝ってくれた。
大晦日気分を味わおうということで、紅白歌合戦を見る。
薫は「特別な日」ということで、初めて年越しまで起きていた。


今年一年いろいろあって大変だったが、なんとか新しい年を迎えることができそうだ。
薫の胸の膨らみはまだちょっと気になるけど、ま、大丈夫だろう。


・・・薫の日記から。
きょうで、2006年もおわりだよ。あしたから、2007年です。みんな年をまちがわないでね。まぁ、ぼくがまちがえるかもしれないけど、カレンダーを見ればいっか。じゃあ、よいお年を。
[PR]
by kazekaoru_y | 2006-12-31 23:18
楽しかったぁ
午後から、あずぅとみずぅに会いに行く。
みずぅがずりばいをするようになったと聞いていたので、見るのが楽しみだった。
ほんと、尺取り虫のように上手に移動している。
かわいいなぁ。赤ちゃんはいい。
薫は、ピタゴラスイッチのDVDにはまっていた。
よーこねーちゃんの誕生祝いのアイスケーキもそこそこに、モニタにかぶりついていた。
あずぅとはそんなに遊んだわけではないのに「あずぅと遊べて楽しかったぁ」とご機嫌だった。
お友だちと会うのはうれしいことなのだなと思った。
私も、話ができて楽しかった。
友だちっていいな。
そうそう、すてきな鍋敷きをいただいた。この冬、活躍しそう。

今日は泳ぎ納め。
張り切って泳いだ薫であった。

今朝から、私の体調がおかしくて市民病院に行く。
久しぶりに婦人科検診をしてもらう。
今まで受けた子宮がん検診は痛くて不快なことばかりだったので、いやーな感じだったが、いざ、受けてみると、先生は優しく、とても上手で痛みもほとんどなく、気分よく検査を終えることができた。
体調の方も大丈夫と言われ、一安心。

市民病院に行ったついでに、薫も診てもらう。
ちょうど他の患者さんが来ていて、先生が降りてこられたので「診てもらっていいですか」と聞くと「連れてきてください」と言われる。
しぼんできているので大丈夫でしょうと言われる。よかった。
培養の結果も、問題ないとのこと。
佐多先生にも会えて、薫はうれしそうだった。
帰りに昼ご飯を食べていると、後藤先生が通りかかられて、挨拶することができた。
これで、今年は市民病院に行くこともないかな。
[PR]
by kazekaoru_y | 2006-12-28 17:23
どうぶつの森
映画を見に行く。
行く前、薫はとっても楽しみな様子だが、私はあまり気乗りがしない。

でも、見ているうちになんだかほんわかとした気持ちになってきた。
ハラハラドキドキ・・・というのではなく、なんかいい感じでストーリーが展開していく。
たまにはこういったほのぼのした映画もいいかなと思った。

帰りにコデラにアイロンビーズを買いに行く。たくさん買ってしまった。
お年玉で買う予定の「ポケッチ」があったので、ちょっと早いが買っておく。
あと、ビーダマンのパーツも。
でも、お正月までおあずけ。
はやくこいこいお正月。
[PR]
by kazekaoru_y | 2006-12-27 23:49
そうくんの家に行く
朝起きて、大喜びするかと思ったら・・・。
「サンタさん来た?」
「うん」と、気のない返事。
でもうれしそうではあった。

午後から、そうくんの家に行く。
おかあさんの顔を見ただけで涙が出てきてしまった。
仏壇のそうくんの写真は、そうくんらしいなんだか照れくさそうな顔をしていた。
薫もしっかり手を合わせて拝んでいた。
そうくんが、もういないことをちゃんとわかってくれただろうか。

おかあさんと、いろんな話をした。
入院中のことがたくさん思い出された。
いい時間を過ごすことができた。

薫は、そうくんの形見にマンガの本をもらった。
最後にもう一度、そうくんにお別れを言って帰った。
[PR]
by kazekaoru_y | 2006-12-25 20:15
クリスマスイヴ
昨日は、宮原でクリスマスパーティー。
おいしいものをたくさん食べて、プレゼントをもらって大喜び。
じゅん子ねーちゃんからはドラえもんの国語辞典。
じーちゃんからは、レゴブロック。

まいちゃんたちにはシルバニアのセットをプレゼントしたが、薫が一番はまって遊んでいた。
でも、まいちゃんものんちゃんもりさちゃんも喜んでくれたようで楽しそうに遊んでくれた。

ばおちゃんにもプレゼントを・・・。
私と色違いのコーヒーマグをみつけてゲット。
そのあと、通勤用の靴がお買い得になっていたので、またまたゲット。
いいなぁ。
私の分はないのかなぁ。
この間、ウォーキング用の靴を買ってもらったからなぁ。
スィート10ダイヤモンドはないらしい。

今日はクリスマスイヴ。
結婚10周年の記念日でもある。
薫と朝から、レゴブロックに取りかかる。
結構難しいが、設計図を見て次々と組み立てていく。
たいしたもんだ。
ほとんど手伝わなくても作り上げることができた。

午後からはバドミントンと自転車。
ちょっと疲れたけど楽しかったな。

ヤフオクで頼んでおいたアイロンビーズの作品集が届いて、さっそく「どうぶつの森」の「たぬきち」を作る。
これから、暇つぶしができるぞぉ。
ビーズを買ってこなくちゃ。

晩ご飯は今年も焼き鳥。
久しぶりにおいしかったなぁ。
薫もたくさん食べて満足の様子。

明日は、阿蘇のそうくんの家に行く。
ちゃんとお別れをしようねということで、手紙を書いて、アイロンビーズのプレゼントも作った。
天国のそうくんに思いが届くといいな。
e0032159_1720866.jpg

[PR]
by kazekaoru_y | 2006-12-24 17:08
ひと安心
午後から病院に行く。
検査の結果は陰性。
「菌は一匹も生えてませんでした。これで、感染ということはないでしょう」と言われてほっとした。一応、明日まで培養を続けるとのこと。
多分脂肪ではないかと言われる。
これからしばらく経過観察して、しぼんでくればよし、膨らんで張ってくるようなら、状況次第では切開して異物がないかを確認するとのこと。
菌ではなくて単純に異物反応を起こしているかもしれないということらしい。
なぜ脂肪が溜るかについては、肉がほとんどないので行き場がなくて集まってくるのだろうと言われる。

それから、診察室に入ると「2時半頃電話したんですよ。少しでも早く検査の結果を知らせて安心させてあげたくて」と言われる。なんだかうれしかったなぁ。

よかったぁ。

後藤先生の顔も見ることができてこれまたほっとした。

レントゲンのことについても聞いてみた。
被爆量が気になると言うと、「単純撮影の分はほとんど気にしなくていいと思いますが、CTをした分は被爆量が多めなので、なんにもしない子に比べれば気になると言えば気になりますが、大丈夫だと思います」と言われる。
カテーテル検査の被爆量からみれば少ない量だということ。
治るために必要だったことなんだと考えれば・・・ね、と言われる。
確かにそうだなぁ。

家に帰ると、せい子先生から留守電が入っていた。
心配してくださっているようだ。
折り返し電話をして結果を知らせると、とても喜んで「涙が出てきました」と言ってくださった。
ありがたい。

薫も安心したようだ。
これで、楽しい冬休みを迎えられるぞ。
[PR]
by kazekaoru_y | 2006-12-22 17:05
ビックとバーンはげい人だ
e0032159_17565251.jpg ある日のお昼、大岩じんじゃの近くで、うさぎのビックときつねのバーンが、
「ネタのれんしゅうをしよう。」
とバーンが言ったので、ビックは、
「いいよ。」
と答えました。バーンは、
「せいのがさんはい。」
と言って二人は、
「ビックでーす。バーンでーす。二人あわせてビックバーンでーす。」
と、百回もれんしゅうしました。
「つかれたねぇ。」
「水をのもうか。」
と、二人は言いました。そして、大岩じんじゃをはなれて、ざあざあ川へ行きました。e0032159_1757533.jpg
 ざあざあ川へつくと、二人の友だちの、うさぎのぴょん子ときつねのつねきちがおぼれそうでした。そのときあらしがやってきました。ぴょん子とつねきちは、ながされてしまいました。
「たいへんだ。」
と言ったので、ビックは、
「たすけに行こう。」
と言ったから、二人は二人をたすけに行きました。ギリギリでたきにおちなくてすみました。つねきちたちは、
「ありがとう。」
と言って家にかえって行きました。そして、バーンたちは水をのんで、ボキボ木ひろばがあるところに休みに行きました。
e0032159_17571716.jpg ボキボ木ひろばで、チョウチョのアゲハントに会いました。アゲハントは、
「ひさしぶりだね。」
と言ったから、二人は、
「そうだね。」
と答えました。
 バーンが、
「またネタのれんしゅうする。」
とたずねました。
ビックは、「そうだね。」
と言って、またネタのれんしゅうをしました。

『後書き』
 川にうつっているきつねとうさぎに、うつっているやつじゃなくて、ほかのうさぎときつねにしたのをくふうしました。
[PR]
by kazekaoru_y | 2006-12-21 17:58
落ち着かない
朝から、鶴原先生に電話を入れる。
とにかく診てみないことには分からないので、来てくださいとのこと。
とりあえず血液検査と触診をして、問題があるようなら検査をするとのこと。
やっぱ、心配。

学校から帰って病院に行く。
まずは採血。
しばらく待って診察。
血液検査の結果は異常なし。CRPは0.07。
触診の結果、何かたまっているようであるとのことで、注射器でひいてみる。
黄色いものと血液が少し出てきた。
培養に出すとのこと。
明日には結果が出るので、もう一度来てくださいと言われる。
もし緑膿菌が出たら手術するので入院になるとのこと。
出なければ、もう一度考えることになるでしょうと言われる。

なんだか複雑。
色は緑色っぽくなかったので、脂肪ではないかと言われた。
そうであって欲しい。
でも、脂肪であったらどうするのか。
このまま放っておくわけにはいかないとも言われる。
とにかく、明日にならないと分からない。
[PR]
by kazekaoru_y | 2006-12-21 09:11
手術創が・・・
1ヶ月くらい前から、6月に手術した部分から1cmくらい上の方が膨らみ始めた。
最初はあまりたいしたことがなかったのと、かたかったので大丈夫だろうと思っていたが、今日じっくり見てみたら、なんだか「ぽっこり」という感じで膨らんでいる。気のせいか少し柔らかいような・・・。
心配だなぁ。
明日、朝から病院に電話してみよう。
e0032159_20184411.jpg

[PR]
by kazekaoru_y | 2006-12-20 20:18
気にし過ぎ?
毎朝、雨の日以外は、子どもたちと学校に向かう。その後ウォーキング。

今朝、子どもたちと話していると、
「薫くんは嫌われているから」という話を聞いた。
些細なことなんだろうけど、変なことを言ったり、声を出したりしているようだ。
ストレスがたまっている行動も見られるよう。
みんな笑って話していたから、そんなにたいしたことでもないと思う。
嫌だったら、一緒に学校にも行ってくれないと思うし。

気になったのは、薫のことだけじゃなく友だちの悪いことばかりが聞こえてくること。
なんだかなぁ。
「こんないいことがあったよ」とか「○○くんが△△してくれてうれしかったぁ」とかそんな話はないんだろうか?

やっぱり今の子どもたちも、悪いことばかりを指摘されて過ごしているのだろうか。
なんだかつらくなるなぁ。


午前中、学校に行って、校長先生と少し話をしてきた。
「大丈夫ですよ。薫くんは長い入院生活をおくった分、『がんばらにゃ』って気持ちが大きいように思います。一番になることがいいと思っているようだから、もう少しゆったり過ごせるといいですね」と言ってくださった。
よく見ていてくださることがありがたい。
「これからも、子どもたちのことよく見て、話を聞いて、話をしてやってください」と言われた。
なんだか少し心が軽くなった。
[PR]
by kazekaoru_y | 2006-12-20 09:40