<   2007年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧
入院16日目 今日退院
朝一番で、佐多先生が顔を見せてくださる。
朝食後、鶴原先生と佐多先生に、病室で創を診ていただく。
合格と言われる。よかった。
塩川先生も来られて、退院記念撮影。
本当にこれで帰ることができる。

昨日から、みんなにメールしまくり。
何件打っただろう。
みんなから「よかったね」とメールをいただく。
友だちの存在ってありがたい。

いおりくんのママからいおりくんのおもちゃをお守り代わりにいただく。
そんな、心遣いがうれしい。

たくさんの人に送ってもらってエレベーターに乗る。
闘いの一区切り、これで心臓外科の患者として来るのは最後かもしれない。

帰って、洗濯に片付け。
お昼はお隣でおいしいうどんをいただく。
薫はぽかぽか陽気のせいか眠そう。
髪が伸びていたので、散髪に行く。
でも、今日は不機嫌。疲れていて眠いのだろうな。
帰りの車の中で眠ってしまった。
家に着いて起きたが、そのままベッドへ。しばしお昼寝タイム。

夕方起きてきて、まだきつい様子。
頭も痛いらしい。
夕飯もあまり食べられなかった。
久しぶりにお風呂に入って、早めに4点セットをすませてベッドへ。
私も一緒に眠ろうっと。


家に帰って、春をたくさん見つける。
ムスカリの花が咲き始めた。水仙の花も咲き始めた。つぼみもたくさん出ている。
アリッサムの株が大きくなり、新たな花芽がたくさん出てきた。
ほうれん草が大きくなった。
ブルーベリーの新芽が膨らみ始めた。
・・・雑草が増えた・・・。
e0032159_19312331.jpg

[PR]
by kazekaoru_y | 2007-02-28 21:00
入院15日目
朝の処置。
ガーゼが取れる。
触診をして、いい感じと言われる。
糸のあとはわかるが、創は全くと言っていいほどわからない。
とてもきれいになっている。
6月に切った部分も、赤くケロイド状になって少し膨らんでいたが、色が肌の色に近づいて、膨らみも小さくなっている。
いい感じ。
シャワーの許可も出た。ただ、創の部分は流すだけと言われる。
でも、退院の話はなし。
気長に待ちましょう。

今日は採血。

らいくんがオペ。
まだ1ヶ月の小さい身体だけど、がんばってほしいなぁ。
久しぶりに、小さな赤ちゃんを抱っこしたが、腕の中にすっぽり収まってかわいかった。
抱っこするとすぐに眠ってくれた。

朝の外科のオペのあと、金場先生がひでとくんのところに来られて、いろんな話をしてくださった。
薫の様子も聞いてくれて、ガーゼが取れたことを喜んでくださった。

夕方、診察券が届けられる。
おやっ、これは明日退院ってこと?
高岡さんに聞いてみると、どうもそうらしいとのこと。
いろいろ聞きたいことがあったので、奥永さんに頼んで、鶴原先生と話がしたいと頼む。

せい子先生が来てくださる。
退院できそうですと話すと、とても喜んでくださった。

夜になって、鶴原先生と話をする。
血液検査の結果も良かったので、退院してよいとのこと。
もし、万が一、明日の朝異状が見られても、一旦退院しましょうと。とりあえず帰って、学校に行って元気を蓄えてからでいいと。
今回は今までの中で一番感触がいいのだと言われた。
私も毎日見ているのでそれがよくわかる。

今回の感染について、半年も経って再発したことが、不思議であり、なぜだかわからないというのが本当のところらしい。
最初の感染で下の方まで広がったときに、今回の感染場所である糸の上の筋肉のさらに上の皮膚の部分を通って、菌が移動したのであろうとのこと。はっきりはわからないが、そのときに残っていた菌が、時間をかけてゆっくり糸に到達して繁殖していったのではないかと。
ただ、今回の感染は強いものではなく、今までで一番軽いもので、膿みの色も薄かったとのこと。

今後のことについて、再発しないとは言えないが、その可能性はとても低いであろうとのこと。
ただ、今後も経過観察をして、異状があれば連絡するように言われる。
先生も長い目で見ていくつもりだと言われた。
これから、とりあえずは1年何もなければ大丈夫だろうとも言われた。
1週間、1ヶ月、1年・・・と時間が経っていって、よくなることを期待しましょうと。
また、最初の感染のときは、血液検査や熱にも現れていたように、全身の反応であったことから、菌が身体中をまわっていたと考えられるが、そのときに心臓の中やその周りの溶けない糸にくっついて繁殖しなかったことから、今後の中の方での感染は考えられないとのこと。

創について、全体的にきれいになってきていてよかったと言ってくださった。
前回手術して赤くケロイドになっていた部分も、赤みやふくらみがなくなっていることが不思議だとも言われた。
今後どうなるかはわからないが、最初の頃より目立たなくなってきていることが、先生もうれしいようだった。

抗生剤について、今回は多分カルバペネム系抗生物質が肝機能に影響を与えていたと思われるので、今後何か大きな手術をするようなときには使わない方がよいであろうとのこと。
昨年の手術後も、一度肝機能が悪くなったが、そのときに比べて、今回は数値が上がるのが早く大きかったことと、抗生剤をやめて落ち着いてきたことから、早めに抗生剤をやめて正解だったと言われた。

薫のことについて、とにかくお母さんの心配がわからないように気をつけてあげてくださいと言われる。
楽しいことをいっぱいして、身体もたくさん動かして、いろんなものをしっかり食べて、免疫力をアップさせてくださいと。
年齢によっては、一緒に話を聞いてもらうのだが、薫の年齢では、かえって辛い話になって心に傷が残ってしまうといけないので、間接的にお母さんからうまい具合に話してくださいと。
精神的な面をとにかく大切にしたいんだという気持ちが伝わってきた。

何度も話したことについて、たくさん話しましたね。他の患者さんに比べて、何倍も何十倍も話しましたね。こんなに話したことはあまりないですと笑われた。
それで、理解し合えたと思う。納得できたと思う。先生もそう思ってくださっているようだ。
ありがたいと思う。

それから何を話したかなぁ?
血液検査の結果で気になることがあるとのこと。
少し脱水気味であるから、気をつけて水分を多く取るようにしてくださいと。免疫力にも関係するのだと。
運動制限はなし。
最初は、1ヶ月は激しい運動はだめだと言われていたが、傷の治りがよいので普通の運動は大丈夫で体育やスイミングもOKだと。よかった。

薫くんはいい子に育っていますね。そして、優しい子に育ちますよと言ってくださった。
とてもうれしかった。
本当によく薫のことを見ていてくださるのだなぁと思った。

もっと話したなぁ。書ききれない。

次の診察は、循環器科の検診の時。8月の終わり。
その日は、早く終わる手術しか入れないで待ってますからと笑って言われた。
薫の成長ぶりを見たいと言ってくださった。


ばおちゃんに来てもらって、荷物の整理をする。
ほとんどの荷物は持って帰ってもらった。
明日はタクシーで帰る。

消灯してから、たいようくんのママと話す。
たいようくんも明日退院。
お昼にも少し話をしたが、もっと話したかったなぁ。

薫は今回も、夜景を見に行く。
退院できることがとてもうれしいようだ。
興奮してなかなか眠れないようだった。
e0032159_19303672.jpg

[PR]
by kazekaoru_y | 2007-02-27 23:12
入院14日目
朝の処置。
今日は塩川先生も来られる。
残りの3本の長い糸は浮いており、もうその用をなしていない。昨日見た感じとは違う。それだけ回復が早いってことなのかな。
創の様子もいいとのことで、抜糸をする。
遠足の話はしたが、退院をしていいという話はなかった。
明日の血液検査の結果をみて決めるのかもしれない。

物干し場で、ひでとくんとちほちゃんとしゃぼん玉をして遊ぶ。
ひでとくんが術後初めて歩いた。
朝の空気が気持ちよかった。

ちほちゃんが退院。
寂しくなるなぁ。
エレベーターに乗って、ちほママが泣いていた。

久しぶりにここちゃんママからメール。
いろいろあったけど、1月に退院できたとのこと。よかったぁ。
これから、どんどん大きくなってくれるといいな。
でも・・・メールの中に、さきちゃんが亡くなったとの知らせ。
あんなに元気だったのに。
信じられない。
たまらないなぁ・・・うまく言葉にできない。

あずぅとみずぅを連れて、よーこちゃんが来てくれる。
いろいろ話ができて、ストレス解消!
おいしいパンケーキを持ってきてくれた。
薫は早速ぱくぱく食べた。私も、お昼を食べられなかったのでぱくぱくいただいた。

ふらーっと、鶴原先生が来られる。
何を言うでもなく、笑顔を見せて出て行かれた。
顔を見せてくださるのはうれしい。

夕方、後藤先生が来てくださる。
遠足の話をすると、もし退院できなくても外出できるんじゃないかと言ってくださった。
なるほどなぁ。
退院は急がなくてもいいかなと思う。
とにかく、納得して退院したい。
e0032159_19294614.jpg

[PR]
by kazekaoru_y | 2007-02-26 23:11
入院13日目
今日から抜糸。
鶴原先生も来られる。
長い糸を1本と短い糸を3本抜く。
残りは明日の様子を見て、明日か明後日。
血液検査も、肝機能の数値がまだ正常ではないのでもう一度するとのこと。

きょうちゃんママからメールで、きょうちゃんがインフルエンザにかかったとのこと。
八代で流行りだしているらしい。
薫も退院したらまた風邪をひきそうだな。
ちょっと心配。

なんか疲れてるなぁ。
薫も落ち着かない。
ベッドにじっとしていない。すぐに走りたがる。
パワーが有り余っているのだろうな。
学校に行ったら、はしゃぎ回りそうだ。困ったもんだ。
[PR]
by kazekaoru_y | 2007-02-25 23:11
入院12日目
朝の処置。
今日も元気な薫である。
おやぢギャグ炸裂。

朝、ななみママからメール。
予定通り、ななみちゃんが遊びにくるとのこと。
薫は大喜び。
昼までふたり、プレイルームでゲーム三昧。

途中、校長先生が来てくださる。
お見舞いにお菓子をどっさり。ありがたいなぁ。

りおちゃんが退院。
みんなで盛大にお見送り。
寂しくなる。

今、部屋には赤ちゃんが二人。これがとてもおとなしい赤ちゃんでほとんど泣かない。
でも、おかあさんたちとはあまりおしゃべりができないので、静かな病室だ。
おかげで、少しゆっくりできるかな。
e0032159_19285836.jpg

[PR]
by kazekaoru_y | 2007-02-24 23:17
入院11日目
朝から霧が出ていたが、晴れていい天気。

今日は採血。
昼前、佐多先生が結果を知らせてくださる。
CRPは0.07、AST56、ALT72。
とてもよくなってると、うれしそうに笑ってくださった。これで、大丈夫かな。
抜糸が終わって、2、3日様子を見て、よければ退院できるとのこと。
金曜日が遠足なので、それに向けて考えましょうと言われる。

たけちゃんが、外来受診日。
でも、風邪をひいているとのことで会わずに帰った。残念。
また元気になったら会いたいねと話した。

きょうかちゃんが退院。寂しくなるなぁ。
新しく小さい赤ちゃんがやってきた。
来週、心臓のオペをするとのこと。

ちほちゃんが風邪をひいて部屋の移動。
また寂しくなった。

りおママからビーズの手作りストラップをいただく。
明日退院とのこと。
それまでに間に合うように作ってくださったらしい。
うれしいなぁ。

まーが来てくださる。
薫の大好きなチキンナゲットとパンケーキを持って来てくださる。牛乳も。
今度は家で会おうねと言ってくださった。
いつも気遣ってくださってありがたい。

夜になって、せい子先生が来てくださる。ラスクを持って来てくださった。
計算大会は来週だと・・・。薫は気合いを入れていたんだけどなぁ。
算数には自信があるようだ。
「また来ますね」の一言がうれしい。


ちょっと疲れてきたかなぁ。
なんだか気分が良くない。
去年の今頃の、何とも言えない気分が戻ってきたような感じだ。
環境の変化が激しい。対応していくのに疲れる。
がんばりすぎてはいけない。
でも、ついつい動いてしまう。
気をつけないとと思う
でも、いいようにと思ってしていることが、うまく受け止めてもらえているので、空回りしなくてすむのがうれしい。
あとしばらく。やっぱりがんばらにゃんね。

ただ、やはり、これで本当に治るのかということが気になる。
もう一度、鶴原先生と気が済むまで話してみたい。
わからないという答えであるにしても、何か納得できる答えをもらって帰りたい。
いつ学会から帰ってこられるのかなぁ。
[PR]
by kazekaoru_y | 2007-02-23 23:18
入院10日目
またまたいい天気。
朝の処置は、今日も佐多先生だけ。
塩川先生と鶴原先生は学会だそうな。
じっくり見せてもらったが、変色もなく、腫れもなく、浸出液もなく、いい具合に治ってきているなぁという感じ。
抜糸は日曜日からと言われる。
「そうそう、馬場先生から電話があったよ。ブログを読んでるって。心配していたよ。経過などを詳しく聞いていたよ」と言われる。
なんだかとてもうれしかった。
ちょうど昨日、プレイルームで馬場先生の話をしたところだった。
気持ちが伝わったのかなぁ。
「お父さんとお母さんにもよろしく伝えてくださいと言ってましたよ」と言われる。
ありがたい。

薫たちは今日もしゃぼん玉に興じていた。
午後からは天気が下り坂。
夕方にはとうとう降り出した。
明日は晴れるかな。
[PR]
by kazekaoru_y | 2007-02-22 20:21
入院9日目
今日もいい天気。
朝の処置は佐多先生だけ。
いい感じですね、と言われる。

お昼、ベランダでシャボン玉をする。
りおちゃんも来て、とても楽しそう。
暖かくて気持ちよかった。

新しくきょうかちゃんが入院してくる。
1年生で、すぐにみんなと慣れて遊んでいる。

今回もアイロンビーズ大流行。
ひーくんママがアンパンマンを作って、ちほちゃんにプレゼント。
私はピカチューを作って、ひでとくんに。
みんなでいろんな話をしながら、とっても楽しい。
ひーくんが手術中で、少しでもママの気がまぎれればと思う。

夕方、鶴原先生が上がってこられる。
やはり、肝機能関連の数値が気になるので、抗生剤はやめた方が安心であるとのこと。
CRPが下がっているので、抗生剤をやめても大丈夫でしょうと言われる。
今後、ASTやALTやCRPが上がるようなら、またいろいろと考えていくとのこと。
ただ、CRPが上がることはないでしょう。よくなっていくことを期待しましょうと言われる。

部屋が騒がしいせいもあってか、薫も調子に乗りすぎて大声を出す。
ストレスもたまっているんだろうけど、周りに迷惑をかけていることをわかってもらいたくて、プレイルームに連れて行く。
ちゃんと考えて行動しよう。人のいやがることをしない。自分がされて嫌なことはしないと話す。
辛いことがあったら、言葉にして話しなさいとも言った。
薫は、今回で本当に治るのかどうか、疑問に思っているんだと言っている。
ずっと、心の中で思っていたんだろうな。
早く、感染症から解放してやりたい。
[PR]
by kazekaoru_y | 2007-02-21 23:09
入院8日目
今日は採血。
昼前に結果が出て、佐多先生が知らせてくださる。
CRPは0.17。順調だ。
でも、肝機能の値がよくないので心配だと。
ASTが113。ALTが102。
抗生剤の影響かもしれないので、抗生剤をやめてしばらく様子を見るとのこと。
佐多先生に、点滴の管を抜いてもらう。

ひーくんが入院してくる。
覚えていてくれたようで、うれしい。
早速、みんな仲良くなって、アンパンマンを見ていた。

午後、りおちゃんがお引っ越し。
少し咳が出るとのことで、先生から指示が出たそうな。
薫はすっかり落ち込んで、バイバイもできない。
しばらくベッドですねていた。
看護師さんが来ても、もしもしもさせない。
困ったもんだ。

しばらくして、復活してきたので散歩に出かける。
階段を下りてみると、今日は痛くないと言う。よかった。
お昼ご飯があまり食べられなかったので、売店でおやつを買って帰る。

血液検査のASTとALTのことが心配になって、看護師の内田さんに正常値を聞いてみると、調べてメモを持ってきてくれた。メモにはアンパンマンの絵も描いてあり、心遣いがうれしい。
ちょうど佐多先生も来られたので聞いてみると、あまり高い数値ではないので心配ないとのこと。
ASTとALTは肝臓などが壊れたときに出る物質の値であるとのこと。
いろんな原因が考えられるので特定はできないが、昨日おなかの調子が悪かったことも原因かもしれないとのこと。

後藤先生も来てくださり、しばらく話をしていってくださった。
「血液検査の結果は大丈夫です。僕がお酒を飲み過ぎたくらいの数字かな」と言ってくださり、安心した。

夕方、ななみちゃんが来てくれる。
さっき、ママたちが来てくれたばかりなんだけど、学校から帰って、行きたいと言ったそうな。
薫は大喜び。ありがたいなぁ。

夜、なおとくんが来てくれる。
薫はまたまた大喜び。とてもうれしそうだった。
退院したらWiiで遊ぶんだと。

午前中、相談室に行く。
最近は調子がいいことや、薬の減らし方について話をする。
また、ちょっとしたことで辛くなることがあるというと、どんなことですかと詳しく聞いてくださる。
人は二つの面をうまく使い分けていけばいいのだと言われた。
表でいい顔をしていて、心の中で嫌だと思っていても、それはそれでいいのだと。そのことを悪いことだと思ってはいけないと。
そして、今がんばっている自分をほめてあげなさいとも言われた。
今、よくなってきているようだから、この調子でいけそうだと言うと、そうですね、よかったですと笑ってくださった。
服部先生に診てもらうのは今日が最後になると思う。
新しく来られる先生とうまくいかないようなら、改めて服部先生に相談しようと思う。
[PR]
by kazekaoru_y | 2007-02-20 23:08
入院7日目
朝から、あまりご飯を食べない。
おなかの調子が悪いようだ。
朝起きたら、パジャマのボタンが外れていて、おなかが出ていた。
そうめんを食べ過ぎておなかをこわした夢を見たと言っていた。
正夢になった?
パンツも少し汚した。珍しい。

朝の処置。
とてもいい感じだと言われる。
触った感じもぶよぶよ感は全くないと。
今のところは安心かなぁ。

昼ご飯もあまり食べない。
でも、おなかは大丈夫だと言っている。
佐多先生がまめに顔を出してくださる。
おなかの調子が悪くなるようなら、抗生剤をやめないといけないらしい。
そこまで悪くはなさそうなので大丈夫だと思う。
経過を見ていてくださいと言われる。

今日はりおちゃんのカテの日。
かおるは、しゅんくんとずっと一緒にプレイルームで遊んでいる。
予定よりも早く終わって、お母さんも安心されたようだ。

夕方、ななみ一家が来てくれる。アイスクリームを買ってもらって、みんなで食べる。
薫は、ななみちゃんとDSの通信をしてうれしそうだった。
でも、暖かいプレイルームで興奮しすぎたせいか、熱が37.7℃。
やばいかなぁと思ったが、しばらくして部屋に戻って測り直すと37.1℃。
大丈夫かなぁ。

夕食後、せい子先生が来てくださる。
早速、漢字大会。
今日は朝から、なんだかそわそわして落ち着かなかった。そのせいかケアレスミスが目立った。
でも、書き直して100点にしてもらった。
コーヒーを入れて、日記も見てもらう。
いろいろ話もできてよかった。

夜、りおちゃんが復活。ご飯も食べられるようになってよかった。
薫もちほちゃんもうれしそうだ。
みんなで遅くまで雑談。
なんだか、みんな眠れない様子。
もうすぐ11時。
薫はまだ眠っていない。
[PR]
by kazekaoru_y | 2007-02-19 23:07